『無料情報ドットコム』利用規約


第1条 (定義)

本規約において使用する用語の定義は、次の通りとします。

「本サービス」 インフォカート株式会社が運営提供するe-Book配信サービス「無料情報ドットコム」
「弊社」 インフォカート株式会社
「e-Book」本サービスを利用することにより配信されるコンテンツ
「利用者」本サービスを利用し、e-Bookを公開、閲覧する個人、または組織、または法人の総称
「発行者」本サービスに対して、e-Bookを公開する個人、または組織、または法人

第2条 (責任及び注意義務について)

利用者は、自己の責任に基づき本サービスを利用するものとし、利用者が公開するe-Bookについて、全ての責任を負うものとします。
また、利用者は弊社に対し、他人の著作物を使用したことなどが原因で紛争、損害賠償の請求などが起こった場合の損害、責任について一切を免責するものとします。
また、利用者は弊社に対し、本サービスを利用した結果、いかなる損害が発生した場合についても一切を免責するものとします。
弊社は本サービスの運営について、必ずしも動作を保証するものではありません。
発行者および利用者は、本サービスを利用することで取得した個人情報を第3者への譲渡または他の用途へ利用しません。
発行者および利用者は、下記「個人情報取扱方針」に則り、且つ適用される法を遵守するものとします。

第3条 (禁止事項)

利用者の本サービス(広告を含む)の利用にあたって弊社は以下の行為を禁止します。

利用者がこれらの禁止行為を行った場合、弊社は当該利用者の利用を停止し、弊社が被った損害の賠償を請求する場合があります。また、利用者は本サービスに関する全ての利益を失います。

・本規約に反する行為
・法律・規則・条令等の制定法に反する行為
・本サービスの仕組みや機能を使ったスパム行為
・本サービスで取得したメールアドレスの該当メルマガ配信スタンド、および、該当メルマガ(まぐまぐ)以外で利用する行為
・1人で複数の発行者登録を行う行為。
・他人のメールアドレスでe-Bookを請求する行為
・過激な性描写、残酷な表現、犯罪を誘発する表現、差別表現など、公序良俗に反する行為や閲覧者に不快感を与える行為
・利用者以外の自然人・法人・団体・組織等の第3者に成りすます行為
・虚偽の情報を掲載し、閲覧者を欺く行為
・利用者以外の自然人・法人・団体・組織等の第3者の名誉や社会的信用を毀損したり、不快感や精神的な損害を与える行為
・閲覧者を含む利用者以外の自然人・法人・団体・組織等の第3者の個人情報の収集を行う行為
・利用者以外の自然人・法人・団体・組織等の第3者の所有する知的所有権を侵害する行為や、著作権の侵害を誘発する行為
・無限連鎖講およびマルチ商法、またはそれに類するもの、その恐れのあるもの、あるいは弊社が無限連鎖講およびマルチ商法、またはそれに類するもの、その恐れのあるものと判断する内容を掲載する行為
・児童ポルノ、またはそれに類する内容、あるいは弊社が児童ポルノに類すると判断する内容を掲載する行為
・性器露出画像、動画、あるいは性器を描写したデータ等、弊社が性器を描写した内容であると判断した内容を掲載する行為
・本サービスを利用することで取得した個人情報を第3者への譲渡または他の用途へ利用する行為
・下記「個人情報取扱方針」および適用される法を遵守しない行為
・本サービスの運営を妨げる行為
・本サービスのシステムに負荷を与える可能性のある一切の行為
・その他弊社が不適切であると判断する行為

第4条 (利用者のデータの保存について)

利用者は、自己の作成したe-Bookや取得した読者メールアドレス、その他のデータなどについて、自己の責任において保存するものとします。
弊社サーバー側では、これらのデータの保存内容について保証しないものとします。
また、利用者は弊社に対し、本サービスで保存するデータの消失やサーバーの稼動停止によりクレーム、紛争、損害賠償の請求などが起こった場合の損害、責任について一切を免責するものとします。

第5条 (本サービスの終了)

弊社は、本サービス及び本サービスの一部を終了することができるものとします。
また、本サービスを終了した場合に利用者に対して弊社は本サービスの終了に伴う損害、損失、その他の費用の賠償または補償を免れるものとします。

第6条 (e-Bookの公開について)

利用者が著作したe-Bookとそれに付随する説明文は当該e-Bookを著作した利用者に著作権が発生するものとします。
但し、宣伝、利用促進、マーケティング等を目的とし本サービスの著作物を使用する場合、利用者は弊社に対し、当該著作物を著作権法の規定に基づき無償利用することを期間無制限で非独占的に許諾し、かつ弊社及び弊社の指定する者に対し著作者人格権を行使しないものとします。

第7条 (利用者の解除について)

第3条の禁止事項に違反または弊社が本サービスにふさわしくないと判断した場合は、利用者の登録を解除いたします。
その場合、利用者は本サービスに関する全ての利益を失います。

第8条 (規約の改訂について)

弊社は、法令等の制定、変更、廃止などの理由により、利用者への了解を得ることなく本規約を変更できるものとします。
この場合、変更後の規約は本サービスのWebサイト上に表示した時点より効力を生じるものとします。

第9条 (準拠法・裁判管轄)

本規約は、日本法に従って解釈され、弊社と利用者との紛争については、東京地方裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所 とします。

2007年1月20日  無料情報ドットコム運営事務局



インフォカート株式会社(以下「当社」といいます)は、以下のとおり、プライバシーポリシーについて定めます。
当社は、随時、プライバシーポリシーの全部または一部を改定いたします。改定されたプライバシーポリシーは、このページに改定内容が反映されたときから効力を生じます。

個人情報保護の方針について

当社は、本個人情報保護方針に従い、お客様個人に関する情報の重要性を認識し、当社のASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)、決済システム・アフィリエイトシステム、メルマガ配信スタンド、無料レポート配信スタンド、ステップメール配信スタンドなどの事業サービスを安心・安全にお客様にご提供していく上で取り扱う個人情報を脅威から保護し、適切に管理・利用いたします。

  1. 「個人情報保護管理者」を設置し、お客様、お取引先様、当社役員・従業員の個人情報の取扱いを定めて、個人情報保護管理者の監督のもと適切に管理します。
  2. 当社は、必要な範囲に限定して利用目的を特定し、その目的達成のために必要な限度で公正かつ適正に個人情報の取得、利用及び提供を行います。また、取得した個人情報の目的外利用をしないよう処置を講じます。
  3. 当社が取得した個人情報は、当社「個人情報の取扱いについて」の規定に従って利用いたします。
  4. 個人情報を取り扱う業務を他の会社に委託する場合、個人情報を適正に取り扱うと認められるものを選定し、委託契約において、安全管理措 置、秘密保持、再委託の条件、委託契約終了時の個人情報の返却等その他の個人情報の取り扱いに関する事項について適正に定め、必要かつ適切な監督を実施します。
  5. 当社が保有する個人情報の開示、訂正、提供範囲の変更や削除を本人から依頼された場合、またこの件に関して本人から苦情や相談を受けた場合には、適切な本人確認をさせて頂いた上で、合理的な範囲ですみやかに対応します。
  6. 個人情報の取り扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範を、常に最新状態に維持するとともにこれを遵守いたします。
  7. 個人情報を正確かつ最新の状態に保つとともに、個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、滅失、き損等の予防に努め、情報セキュリティの向上、是正処置を講じます。
  8. 個人情報保護に関する管理規定及び管理体制を整備し、全社員で徹底して運用するとともに定期的な見直しを行い、継続的な改善に努めます。

【個人情報に関するお問い合わせ窓口】

インフォカート株式会社 個人情報担当窓口
〒289-1115 千葉県八街市八街ほ230-73 シオンビル3
電話 043-440-6702 (受付時間 平日 10:00〜17:00)
E-mail:info@infocart.jp

個人情報の取扱いについて

1. 個人情報の取扱事業者の名称
インフォカート株式会社
2. 個人情報保護管理者
システム開発部 責任者 043-440-6702
3. 定義
「個人情報」とは、お客様や従業員等その他の個人に関する情報であって、当該情報に含まれる住所、氏名、電話番号等によって、特定の個人を識別することが できるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができるものを含む。)を指します。
4. 個人情報の取扱い
  1. 当社は、個人情報の取り扱いに関して、個人情報の保護に関する法律(以下「個人情報保護法」といいます)をはじめとする個人情報に関する法令およびその他の規範を遵守します。
  2. お客様から個人情報をご提供いただく場合は、予め通知又は公表させていただいた目的の達成のために必要な範囲内で利用いたします。ご本人から直接書面以外で取得した場合は、あらかじめ利用目的を公表または速やかにご本人に通知を行います。
  3. 当社は、ご本人の同意なく、利用目的の範囲を超えた個人情報のお取扱いはいたしません。目的の範囲を超えて利用する必要が生じた 場合は、その旨お客様にご連絡(通知)し、かつ同意をいただきます。また、個人情報を第三者に提供・開示等する場合は、法令の定める手続きに則って行います。
5. 取得する個人情報の利用目的
当社は、以下の目的のため、その範囲内においてのみ、個人情報を収集・利用(分析・統計等を含みます。)いたします。
直接書面取得で取得する場合の個人情報の利用目的(開示対象個人情報)
個人情報の種別 利用目的
顧客情報・弊社サービス登録者情報
  1. 決済システム・アフィリエイトシステムなど、当社のサービス(以下総称して「当社サービス」といいます)を提供または停止するうえで必要な業務の履行のため
  2. お客様のご本人確認のため
  3. お客様との取引・契約を適切かつ円滑に履行するため
  4. 既存サービス・既存商品の改善または新サービス・新商品の開発のため
  5. 新サービスの案内、メンテナンス(障害情報を含む)のお知らせ等、お客様に有益かつ必要と思われる情報の提供のため
  6. 当社サービスの解約後、業務遂行上で必要となる当社からの問い合わせ、確認、および当社サービス向上のための意見収集のため
  7. 当社サービスに関する情報等の案内や広告のため
取引先情報 業務管理、各種連絡、請求、支払い管理のため
従業者情報 従業者管理に係わる業務に利用するため(業務・労務・人事管理業務、給与関連業務、福利厚生業務など)
採用応募者情報 採用に係わる業務に利用するため(採用に関する情報提供、採用可否判断、採用業務に関する連絡など)
退職者情報 退職者との連絡、退職者からのお問合せへの対応に利用するため
お問合せ者情報 お問合せに回答するため
開示等の求めの場合に取得する本人および代理人確認書類 開示等の求めに回答するため
直接書面取得以外で取得する場合の個人情報の利用目的(非開示)
個人情報の種別 利用目的
受託した業務により取得した個人情報 契約及びそれに伴う連絡、アフターケアなどに利用するため
6. 第三者提供
当社は、次の場合を除き、お客様の事前のご承認なく個人情報を第三者(個人情報保護法第23条第4項において「第三者」に該当しないとされている者(委託先、事業継承先、共同利用者)を除きます)には提供しません。
  1. 集計および分析等により得られたものを、個人を識別または特定できない態様にて提携先等第三者に開示または提供する場合
  2. 裁判所の発する令状その他裁判所の決定、命令または法令に基づき開示する場合
  3. 検察・警察・監督官庁からの照会があった場合
  4. 人の生命、身体又は財産の保護に必要な場合
  5. 公衆衛生・児童の健全育成に特に必要な場合
7. 個人情報のご提出の任意性
個人情報のご提出は皆様の自由なご判断に任されます。ただし、必須項目をご提出いただけない場合は、弊社サービスをご利用いただけない場合があります。
8. クッキーならびに携帯電話の個体識別番号の利用・外部リンク
  1. 当社では、クッキーやIPアドレス情報ならびに携帯電話の個体識別番号、インターネット利用者識別符号については、それらは単独で個人を特定できる情報であるとは考えません。
    また、それらの取得はお客様により便利に当サイトをご利用いただくためのものであり、お客様のプライバシーを侵害したり、お客様のコンピューターへ悪影響を及ぼすものではありません。
  2. 当社では、クッキーならびに携帯電話の個体識別番号、インターネット利用者識別符号をお申し込み、商品の購入、利用者の動向調査等の為に使用しています。これらをお客様が使用しない設定としている場合、当ウェブサイトで使用できる機能については制限される場合があります。
  3. 当社サービスは、いくつかの外部サイトへのリンクを含みますが、個人情報を共有するものではありません。リンク先ウェブサイトにて行われる個人情報の収集に関しては当社では一切責任を負えませんので、リンク先ウェブサイトの個人情報保護方針を必ずご参照下さい。
9. 所属する認定個人情報保護団体の名称および苦情の解決の申し出先
なし
10. 個人情報の開示等
お客様ご自身の情報に関する開示、訂正、追加、利用停止、削除または第三者提供の停止の請求、その他個人情報に関するご質問、ご意見等のお申し出(以下 「開示請求等」といいます)については、以下記載の「開示請求等の窓口」お問合せ窓口またはお客様の担当営業部署にご連絡ください。

開示等の手続について
当社では、開示対象個人情報に関して、ご本人の情報の開示等(利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止)を希望される場合には、お申し出いただいた方がご本人或いはその代理人であることを確認した上で、合理的な期間及び範囲で回答、情報の訂正、追加又は削除、利用停止、消去をします。
ただし、これらの情報の一部又は全部を利用停止または消去した場合、不本意ながらご要望に沿ったサービスの提供ができなくなることがあります。(なお、関係法令に基づき保有しております情報については、利用停止または消去のお申し出に応じられない場合があります)。

【開示等の受付方法・窓口】
当社では、開示対象個人情報に関して、ご本人の情報の開示等のお申し出は、以下の方法にて受付けます。なお、この方法によらない開示等の求めには応じられない場合がありますのでご了承下さい。

受付手続
下記の受付窓口まで、当社所定の「開示等に関する請求書」を記入の上、必要書類を同封して送付にてお申し込み下さい。(送付料は請求者のご負担となります。)
下記方法により、ご本人(または代理人)であることを確認した上で、書面の交付により回答いたします。
申込方法 所定の「開示等に関する請求書」に必要事項を記入の上、本人確認書類または、代理人の場合は代理権限確認書類と共に受付窓口へ送付してください。(手数料はかかりません。)
ご本人確認方法

(本人)
・「開示等対象本人確認のための書類」(※1参照)

(本人が委任した代理人)
・「開示等対象本人確認のための書類」(※1参照)
・「代理人確認のための書類」(※1参照)
・(開示等対象本人からの)委任状
・印鑑証明証

(親権者の代理人の場合)
・「開示等対象本人確認のための書類」(※1参照)
・「代理人確認のための書類」(※1参照)
・「本人との続柄を証明する書類」
(戸籍標本、住民票の謄本、在留カード、外国人が続柄を証明する書類)

(成年後見人の代理人または未成年代理人の場合)
・「開示等対象本人確認のための書類」(※1参照)
・「代理人確認のための書類」(※1参照)
・「代理人であることを証明する書類」(登記事項証明書)

※1 開示等対象本人および代理人確認のための必要書類
運転免許証・健康保険の被保険者証・年金手帳・パスポート・在留カード 等の公的証明書のいずれかのコピー または住民票の写し
・本籍地などの機微情報は提出時にマスキングを依頼する事。
・電話による場合は、本人を判別できる一定の登録情報(氏名・生年月日、またはID・パスワード等)の確認後、窓口責任者がコールバックを行う。

【開示請求等の窓口】
インフォカート株式会社 個人情報担当窓口
〒289-1115 千葉県八街市八街ほ230-73 シオンビル3 1階
電話 043-440-6702 (受付時間 平日 10:00〜17:00)
E-mail:info@infocart.jp




『無料情報ドットコム』不正行為と禁止事項について解説


本利用規約およびマニュアルやFAQなどで不正行為と禁止事項について 多く述べられていますので、その主な事例を解説いたします。
ここに掲載した事例以外でも利用規約および諸法規に準じて正しくご利用ください。

例1(不正購読)
自分の紹介IDから自分でレポートを購読することを不正購読と言います。
この行為がなぜいけないかと言うと、不正にポイントを獲得し利益を得ることができるからです。不正に利益を得ると言うことは、損害を受ける被害者が存在すると言うことを意味しています。
この行為が重大である理由は、被害者が被害届けを出し告訴した場合、不正に利益を得た人は逮捕される可能性があると言うことですので、間違ってもこのような行為を行ってはいけません。 今後、オンラインビジネスの領域では、この様な事例での告訴事例が大幅に増加してくると推定されます。
増加すると言うことは、簡単なケースでもどんどん告訴されるようになっていくと考えるべきです。
それをサポートする組織・弁護士もいますし、対応できる弁護士も増えていますのでので、安易な気持ちで不正行為を行って人生を棒にふると言うことが起きないように充分注意して正しく安全なビジネスを行って成功してください。

例2(不正クリック)
自分が引用した記事から引用元へのリンクを自分でクリックすることを不正クリックと言います。
これも例1同様に行ってはいけません。
『無料情報ドットコム』では、悪質な不正利用者には担当弁護士を使って厳重な対処を行います。


例3(不正紹介)
紹介ポイントを稼ぐために架空のID登録申請をすることを不正紹介と言います。
これも例1と同様です。

例4(不正転載と不正引用)
記事を丸ごと転載することを不正転載と言います。また、引用元ページの表記をしないで引用することを不正引用と言います。
これも例1と同様です。
内容によっては著作権違反などにも抵触することがあります。

例5(適正でない行為・内容と不正登録)
本利用規約に記述されている禁止事項および諸法規に違反するか、または疑わしい行為・内容を登録し、不正に利益を得る行為を不正登録と言います。
それら以外でも、本サービスにふさわしくない内容や本サービスに対して損害を与える内容または公序良俗に反する内容についても同様です。


※上記などの不正行為または禁止事項が発覚した場合、即刻ID削除となります。
※また、一度削除された後は二度と登録申請などもできなくなります。
※ID削除の場合、当該IDの利用者は全ての利益を失います。


2007年1月20日  無料情報ドットコム運営事務局



Copyright(C) 2002-2011 Infocart Co.,Ltd. All Rights Reserved.